偽装されないよう手彫り印鑑を職人に作ってもらうのが良い

印鑑

印鑑の処分にも方法があります

不要になった印鑑を捨てるのは単純にゴミ箱に放り込むだけでなく印鑑ならではの捨て方があります。不要になるまで個人や法人を特定するために役立ってきた印鑑です。印鑑には使ってきた人たちの気が入っていると考えられているようで印鑑の捨て方にはいくつか方法があります。それは印鑑に篭もっているとされる気の抜き方の方法があるとも言えます。
まずは印鑑供養として神社などで供養してもらう方法です。だいたい10月1日に行われることが多いです。その日は署名と共に印鑑の実効性が太政官布告で定められた日付で、印鑑に大変ゆかりのある日となっています。印鑑供養に参加するには近くの印鑑店にお願いしたり印鑑供養を行っている神社やお寺に相談したりするのがよいです。
個人的に気を抜く方法もあって、綺麗な紙にくるんで神棚に1年置いておくと良いようです。その他の捨て方ですが、気を抜くということを行わない印鑑もあります。プラスチックなどで作られた安物の印鑑であれば気を抜く儀式を行わないのが普通で、ゴミとして出してしまいます。しかしその際には悪用されないためにも彫られていた文字が何だったのか分からなくなるくらい印面をやすりで削ってしまうのが良いでしょう。

イチオシ情報

セキュリティー面を重視した印鑑を作る

最近では印鑑を偽装してから、本人に成りすまして犯罪をするような事件が起きてきています。それはなぜ起こるかというと印鑑というのは偽装しやすいからです。簡単な…

»もっと読む

印鑑の処分にも方法があります

不要になった印鑑を捨てるのは単純にゴミ箱に放り込むだけでなく印鑑ならではの捨て方があります。不要になるまで個人や法人を特定するために役立ってきた印鑑です。…

»もっと読む

これから事務職で働くならば印鑑を作る

これから新卒で事務職として働いていこうと思っている人はいるでしょう。事務職というのは、書類を扱ったり、表計算をしたり様々なことが要求されます。事務職は会社…

»もっと読む

更新情報

お知らせ

2016/08/09
これから事務職で働くならば印鑑を作るを更新。
2016/08/09
印鑑の処分にも方法がありますを更新。
2016/08/09
セキュリティー面を重視した印鑑を作るを更新。
2016/08/09
印鑑を子供への贈り物としてを更新。
TOP