偽装されないよう手彫り印鑑を職人に作ってもらうのが良い

印鑑

印鑑を子供への贈り物として

子供へ送る親からの最初のプレゼント、と言えば名前ですが、我が家はもう一つプレゼントする物があります。それは印鑑です。私には子供が三人いますが、それぞれ生まれるとすぐに通帳を作りました。子供が生まれた時に頂いたお祝金や、その後頂くお年玉などをその子達の通帳に入れています。その通帳を作るときに印鑑も一緒に作っているのです。楽天銀行など、印鑑の要らない銀行もありますが、あえてそこは印鑑の必要な地元の銀行に口座を作ります。親からのプレゼントとして、重々しさを出すためです(笑)
さて、印鑑ですが、いまどきはとても種類が豊富ですね。文字体も、印鑑自体の素材や、模様も様々です。三人とも印鑑の大きさは揃えましたが、印鑑自体の模様と、色は別々にしました。この子がどんな大人になるのか?その時持つ印鑑はどんなものがいいのか?想像をめぐらせながらカタログで選ぶ事はとても楽しい時間でした。お値段としては、1本5000円ぐらいになるように作りました。
日本はいまだに印鑑文化です。サインでも有効な書類も、公な場でも増えて来ましたが、あえて印鑑を持たせることで、日本文化の継承にもなるのではないかな?と、そんな風にも考えています。

イチオシ情報

セキュリティー面を重視した印鑑を作る

最近では印鑑を偽装してから、本人に成りすまして犯罪をするような事件が起きてきています。それはなぜ起こるかというと印鑑というのは偽装しやすいからです。簡単な…

»もっと読む

印鑑の処分にも方法があります

不要になった印鑑を捨てるのは単純にゴミ箱に放り込むだけでなく印鑑ならではの捨て方があります。不要になるまで個人や法人を特定するために役立ってきた印鑑です。…

»もっと読む

これから事務職で働くならば印鑑を作る

これから新卒で事務職として働いていこうと思っている人はいるでしょう。事務職というのは、書類を扱ったり、表計算をしたり様々なことが要求されます。事務職は会社…

»もっと読む

更新情報

お知らせ

2016/08/09
これから事務職で働くならば印鑑を作るを更新。
2016/08/09
印鑑の処分にも方法がありますを更新。
2016/08/09
セキュリティー面を重視した印鑑を作るを更新。
2016/08/09
印鑑を子供への贈り物としてを更新。
TOP